夜行バスでの快適な旅は気配りがポイント

気ままな一人にしろ、気の置けない仲間と一緒にしろ、旅はいつでも楽しいもので電車や車といったありふれた移動手段ですら心躍らせるものがあります。

そんな旅の移動手段として長距離ならば飛行機や新幹線といったものの他に夜行バスもあります、時間はそれなりにかかりますが運賃が安くて眠っている間の移動なので長い時間を意識することもなく人気です。

その夜行バスを快適に過ごすには守るべきルールがあります、難しいことではありません、周りへの配慮を怠らないとい点だけです。

まずは音、車内での通話は小声に努めたとしても周りには気になるので止めましょう、荷物の整理、ヘッドフォンから漏れる音、お菓子を食べる音、そういった音は小さくても意外と遠くまで聞こえてしまいます。

次は匂い、食べ物の匂いが車内に漂うと車酔いを起こし気分を悪くする人もいます、ビールなどの酒類も酒そのものに加えて呼気の匂いが充満しますので飲酒は止めましょう。

そして光、スマートフォンやモバイルノートなどの明るさも夜間は気になるものなので、カーテンを引いて周りに漏らさぬよう注意しましょう。

他にはリクライニングシートを倒す時は後ろの人に一声かけ、後ろの人が席を離れる時はなるべく席を起こして立ちやすくしてあげましょう。

窓は開けてはいけません、外気をむやみに入れないことです、寒暖の感じ方は人それぞれなので周りの人が寒く感じるかもしれません。

狭い車内を複数の人と共有するひとときです、周りへの気配りで楽しい夜行バスの旅にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *