家族旅行の楽しみと効果

家族旅行は子供を含めた家族の成長を知る事が出来る、楽しいイベントです。

特に仕事を持つ母親は旅行中、子育てのストレスから解放され、リラックスする事が出来ます。仕事で忙しく、普段子供とのふれあいが少ない父親には、家族旅行はカッコいい所を見せられるチャンスです。家族旅行の目的地やスケジュールは、子供の年齢によって大きく違ってきます。子供が乳幼児の場合、まず、親子ともに疲れない事が重要です。このため、宿は連泊にするなどゆったりしたスケジュールを組み必要があります。費用は割高となりますが、少しぜいたくな宿を利用すると子供連れ客へのサービスがきめ細やかで、のんびりと滞在を楽しむ事が出来ます。

大型のリゾートホテルなどでは遊園地や夏期ではプールなどが併設されているものがあります。このような宿を利用すると移動の手間が省け、遊んだ後は部屋でゆっくり休めるので、疲れが少なくなります。小学生低学年では観光ポイントを巡る旅行の他、土いじりや木登りなど、自然とのふれあいが喜ばれます。都会の便利さを忘れて自然の中でキャンプなど、お金で解決できない「不便で、不自由な」体験をすると、自然に対して謙虚な姿勢を学ぶ事ができ、観察眼も養われます。小学校高学年であればスケジュール作成から参加させるのも良い方法です。

時刻表の見方や地図の読み方などが学べます。また、ガイドブックなどで目的地についての予備知識を得ておくと、旅先での印象がより強くなります。家族旅行では24時間、家族が密着できるので、普段と違って濃密なコミュニケーションを取る事が出来ます。旅行中は普段見られないものを見たり、体験したり出来るので、更に会話が弾みます。家族相互の理解が進んで家族が今まで以上に仲良くなり、子供のコミュニケーション能力が向上します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *