人気の尾瀬の日帰りのバスツアーとは

国立公園の特別保護地域に指定されている、豊かな自然がある尾瀬は日帰りのバスツアーを利用しても行くことができます。

木道という歩行者を湿原のぬかるみから守りつつ、貴重な湿原の環境も守っている整備された歩道を通って、手軽なハイキングをすることができるほか、コースによっては登山も楽しむことが可能です。厳しく立ち入りを制限され、手つかずの自然環境が守られているこの地域は、自動車道が通っていません。そのため訪れた観光客は登山口から歩いて、多くの貴重な植物が生えている目的地の湿原まで行くことになります。

そんな登山口は、群馬県側や福島県側それに新潟県側の3方向からの5カ所がありそれぞれ利用されていますが、中でも尾瀬の日帰りのバスツアーで利用することが多いのは、群馬県側の鳩待峠です。鳩待峠はもっとも便利な入山口として知られていますが、それでも湿原までは歩いて1時間ほどかかるところにあります。そのためいくつもある尾瀬の日帰りバスツアーの中で、あまり歩き慣れていない初心者向けのものの場合、あまり奥の方まで行くことなく湿原の入り口近辺を散策するものが多いようです。

一方、普段からよく歩き慣れている人や登山をする人、何度も訪れている人などは、より奥の方まで出かける中級者や上級者むけの尾瀬の日帰りのバスツアーを利用するのも良いでしょう。時間たっぷり素晴らしい自然環境の中で過ごせ、湿原や山の魅力をよりたくさん堪能できるのがこれらのコースの良いところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *