尾瀬の日帰りバスツアーの魅力

初夏になるとさわやかな印象のミズバショウが白い花を咲かせ、夏の盛りにはニッコウキスゲの鮮やかな黄色の花が見ごろとなる尾瀬は日帰りのバスツアーでも人気の行き先です。

福島と新潟・群馬の3県にまたがる広いこの高原は、国立公園の特別保護地域と特別天然記念物にも指定されている豊かな自然環境があり、尾瀬の日帰りで行くバスツアーでも十分に堪能できるのが魅力となっています。ツアーには各地から出発するコースがあり、夜に出発するものや朝出発するものなど様々です。前の日の夜に出発するコースは、バスの中で仮眠をとりながら現地に向かいます。

入山口に到着するのは翌日の明け方となり、日の出とともにハイキングをスタートさせることが可能です。一方、当日の朝に各地を出発する尾瀬の日帰りバスツアーでは、お昼前には現地に到着し、午後からハイキングをすることができるようなコースとなっています。夜に出発するコースの方が現地での滞在時間が長く、歩く時間も多くなるので、中級者や上級者向けのコースが多いようです。

朝出発するコースは、時間の都合上それほど湿原の奥にまで進むことはないため、初心者でも無理なく楽しむことができます。このようにいろいろな種類の尾瀬の日帰りのバスツアーがあるため、利用者が自分の体力と相談してコースを選ぶことが出来るのも、この尾瀬の日帰りバスツアーの魅力でもあります。関東の各地からなら4時間程度で行ける、自然を堪能できるこのツアーは、ちょっとした旅行気分を味わえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *