安全なスノボー旅行にするために準備運動もしっかりと

雪の上を快適に滑るスノボーは冬のスポーツとしても人気があり、雪山へ旅行をして滑る計画を立てる人もたくさんいます。

旅行へ行くのは楽しみな反面で、スノボーは怪我をしやすいとか、危険なイメージを持つこともあるかもしれません。どのようなスポーツでも、怪我やトラブルの可能性はあるので、リスクを減らすことで、楽しく滑ることができます。日帰りであれ連泊であれ旅行で出かけると、スノボーはレジャーの認識ですが、スポーツであることに変わりはありません。

怪我を防ぐ方法の一つは、滑り始める前の準備運動をキチンとすることです。学校の授業で水泳がある時、生徒はキチンと準備運動をしますが、学校以外でもゲレンデで滑るスノボー前にも、準備運動を習慣にします。頭にはニット帽というスタイルの人も多いですが、怪我をするリスクを減らすなら、ヘルメットを選ぶことです。柔らかいニット帽よりも、はるかに衝撃にも強くいて頼りになります。

周りがニット帽の人が多いと、ヘルメットに抵抗を感じるかもしれません。緩衝材がビーニーの中に入っている商品もあるので、チェックをしてみることです。完全に見た目だけではビーニーですが、耐衝撃性が緩衝材により期待できます。起伏の影やコースの合流地点などは、確認しにくい死角です。接触事故の多いゾーンなので、周りを確認して資格には特に注意をして滑るようにします。死角がある時にはスピードを緩めて、周りへの注意を払うことも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *